« ワールドカップ・サッカースクールトーナメント2011速報9 【リーグ戦終了】 | メイン | ワールドカップ・サッカースクールトーナメント2011速報11 【勝つのは誰だ!?】 »

2011/07/29

コメント

こうせい父

ベンハミンの新たな敵、アミーゴスは強敵です。
センターバックのエリックは黒人でりゅうせい君を大きく上回る体格。
お兄ちゃんたちが苦しんでる体格差のあるマッチアップを強いられます。
またタマスの調子もいまいち。組織がしっかりしたディフェンス陣に
ワールド自慢のジャックナイフも鞘をぬけない。

それより、昨日りゅうせい君がめまいを起こして退場した試合で見せた
ベンハミンチームの微妙なバランスというか(笑)りゅうせいがいないんだから
トップは俺でしょ!と2バックのロシア人たちまで上がってしまったりした
崩壊状態からあまり立ち直ってなく、そこに新たな不安分子登場。ベネズエラの
子が最終日までたぶん家族旅行かなにかでいないため、あたらしくちょっと
小太りのスペイン人が加入。俺様軍団がチームになっていたのに、左サイドハーフ
に入りました。「パーサ、パーサ」と俺に出せ、出せとさけぶ彼に預けると
なんというかちょっとゆったりモードのキープのあいだに取られてしまい
俺様たちがブーイングして空中分解しかけてしまいます。

ゴールキーパーの神がかりなセーブで奇跡的に勝ち点1を拾った第1戦。

第2戦でも新しいチームメイトとなにやらバックスロシアコンビ、こうせいが
ギクシャクしてる間に、あっというまに2失点。
大会中黙って観戦してよう、と思って何も口を出してこなかったんだけどたまらずに
大きな声で

「こうせい、りゅうせい!このまま負けて日本へ帰るのか!!」

と激を飛ばしてしまいました^^>
ここでコーチもたまらずに新人君をベンチにさげる。

すると同じように猛烈な激を飛ばすロシア人親父に発破をかけられ
タマスが爆発!タマスシフトをものともしないジャックナイフ炸裂で
ドリブル突破からの連続シュート。同点にすると
タマスのシュートをキーパーがはじいてもしっかりりゅうせいがきめる。
こうせいのミドルシュートもきまり、結果的には大差で勝ちました。

今日の第1戦、宿敵エスパーニャ戦が決勝への大一番です。

エスパーニャは年下ではなく全員が2002年生まれの同学年でした^^
逆にワールドは2002年と2003年の混成だそうです。
エスパーニャはどのカテでも1位を取ってるように、基本的にこのメンバーで
1年リーグを戦ったしっかりしたチームらしいです。
新たな敵、アミーゴスもまたリーグ戦を戦っているチームのようです。

こうせいもりゅうせいもあまり、大会の仕組みがわかっておらず、
「今日からの試合で金メダルが取れるんだよ。」
と教えても
「じゃあ、昨日までのは何?2位じゃないの?トーナメントって勝ち抜けなのに
なんでまたリーグ戦やるの?」とちんぷんかんぷんの様子^^>
「とにかくここから全部勝てばいいんだよ!」
とシンプルに教えておきました。

今日は13時台にエスパーニャ戦。17時台にバルサ戦とあいだが開くのも
これまでと違うのでどうなることやら。

今日のりゅうせい君、うちのママと娘にくっついてすこし日本恋しいモード。

「スペイン人って、泣き虫なんだよ!合宿から電話してママーって泣いてる。
あいつも泣いた、あいつも。」

うちのママが
「りゅうせい君、泣かないの?」って聞いたら

「最初のキャンプでいっぱい泣いた。泣いてもどうにもならないってわかったから
もう泣かない!。」

とけなげな強いりゅうせい君でした。

上のカテではインファンティのサムライ3人チーム、ベネズエラがいいですね^^
けんご君が決勝点を気合であげるなどダークホースの勢いです。
たかひろ君もしょうき君もがんばってるしいま一番勢いがある感じです。

今日が楽しみです。

りゅうせい ちち

アミーゴスはかなり厳しそうですね。GKのチャビ君がいなかったら負けていたんですかね。GKはローテーションするとのことでしたから、相手方にチャビ君が入ったらさらに厳しい結果となりそうな予感。巨漢エリックとのマッチアップはりゅうせいにとって良い経験となったのでは…、さらなる強敵との闘いは、個人にとってもこのチームにとっても成長を促進してくれるので大歓迎です!!!植松さん、こうせい父様の人間模様レポートのおかけで、さらに物語みたいになってきました。ハッピーエンドで終われれば言うことなしですね。

こうせい父様、りゅうせいのけなげな発言にぐっときましたが、くっつきたいだけたったのではと、すこしの疑念が持たれます(笑)

SHUN父様、子供に対する愛情はコメントからよくよく伝わってきております。SHUN君は私の息子のようなまだ駆け出しの年齢ではないため、親として様々な思いをし、悩んだりしてきたことだろうと推察されます。ある意味大先輩ですので、こちらこそよろしくお願いいたします。

植松さんへ
ベンハミンの写真だけについて言わせていただきますと、いままでわからなかった選手間のスペース感が出ていて、ムイビエンだと思います。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

カテゴリー